三宅クリニック
三宅クリニック 足立区関原
三宅クリニック HOME 三宅クリニック 院長ご挨拶 三宅クリニック 診療案内 三宅クリニック 交通案内 三宅クリニック 経鼻内視鏡 三宅クリニック 初診の方へ
三宅クリニック 経鼻内視鏡(胃カメラ)
経鼻内視鏡検査(胃カメラ)はこのような特長があります
 鼻から細い管を入れて行う検査です
 通常の胃カメラは、口から管を入れて検査を行いますが、

経鼻内視鏡検査は鼻から管を入れて胃の中を検査します。

これは口から内視鏡(管)を入れたときに起こる咽頭反射

(オエッっとなるあの症状です)を避けるために開発された

検査方法です。

鼻から入れる内視鏡は舌の根元に触れないため、たいてい

はオエッとならずに、検査を受ける事が可能です。
 

三宅クリニック 経鼻内視鏡(胃カメラ)
 身体にとても負担の少ない検査です
 検査にはほぼ9割の患者さんが、「楽に受けられた」

「この内視鏡検査ならまた受けてみたい」との

感想を頂いているほど、身体にとても負担の少ない検査方法です。

検査にはまず鼻の中へ出血予防のスプレーをし、

その後局部麻酔用のゼリーのような液体を流し込んだ後、

内視鏡(管)を入れて検査を始めます。

三宅クリニック 経鼻内視鏡(胃カメラ)

鼻から内視鏡(管)を入れるため、検査中に院長から説明を受けたり、質問など普通の会話もできますので、

安心して検査を受けて頂けます。

さらに、局部麻酔の薬の量が少ないため、検査終了後は、日常生活や車の運転、お仕事や家事を

していただくことが可能です。
 

 経鼻内視鏡はこんなに細いんです
 当院で使用している富士フイルムの「経鼻内視鏡」は、

先端径が5.9ミリメートルしかありません。

従来の口から入れる内視鏡の太さが約10ミリメートルですので、

約4ミリメートルも細くなっております。

この太さは、皆さんがお使いになっている鉛筆よりも細くなっており、

これにより検査時の苦痛がかなり軽減され、

検査を受けやすくなりました。

三宅クリニック 経鼻内視鏡(胃カメラ)
 三宅院長と経鼻内視鏡

当院の三宅院長は早くから経鼻内視鏡に着目し、

2007年には日刊ゲンダイ・メディカルライブラリーにも

掲載されております。

(マウスのカーソールを右の画像に合わせると
 大きな画像で見る事が出来ます)

三宅クリニック 経鼻内視鏡(胃カメラ)と三宅院長 日刊ゲンダイ
 経鼻内視鏡についての注意点
 • 鼻腔が狭い方は、内視鏡が入らないことがあります。

 • 局部麻酔の際や、内視鏡の挿入の際に、若干違和感や、痛みを鼻に感じる事があります。

 • まれに鼻出血がおこることがあります。その際は、鼻をつまむなどの圧迫で止血します。

 • 治療用ではなく、検診目的や組織生検の為に経鼻内視鏡を使用します。

 
HOME | 院長ご挨拶 | 診療案内 | 交通案内(MAP) | 経鼻内視鏡 | 初診の方へ | サイトマップ |
Copyright(C) 2010 Miyake Clinic, All Rights Reserved.
★本サイトの情報の取り扱いについて★
本サイトに掲載のすべての情報、画像等を、権利者の許可なく複製、販売、放送などに利用することを禁じます。無断転載・引用等は固くお断りいたします。